広告

発達障害により場の空気や相手の気持ちが読めない事例

発達障害により場の空気や相手の気持ちが読めない事例

  この記事はセラピストの方に書いていただきました。場の空気や相手の気持ちが読めない性質は発達障害の人によく見られます。その極端な事例を書いていただきました。 …………..  私はセラピストをしております。主に大人の発達障害、またその子供を持つお母様が、精神科医...

発達障害の親は子供のことを理解できない?

発達障害の親は子供のことを理解できない?

  この記事は20代の女性に書いていただきました。親と子供の関係は難しいものですが、発達障害が絡むとさらに難しくなります。 …………….  自身の発達障害を疑ったのと同時期、私の父親も発達障害なのではないかと思ったのは、父親がアスペルガー症候群の性質...

発達障害の二次障害により休職していたが、思い切ってフランスへ

発達障害の二次障害により休職していたが、思い切ってフランスへ

  この記事は発達障害の50代の男性に書いていただきました。少し変わった文章ですが、なかなか面白いです。彼は発達障害の二次障害により県庁を休職していましたが、その後に奮起してフランスに一人渡航を決めたことは勇気がある行動だと思います。 ………… 1.印象派との出...

発達障害による対人恐怖から嘔吐恐怖症と音恐怖症に

発達障害による対人恐怖から嘔吐恐怖症と音恐怖症に

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 ……………  今、私の中にある不安を大きく分けると「嘔吐恐怖症」と「音恐怖症」です。この2つは発達障害とは関係ないと思っていましたが、根っこの部分で繋がっているのではないかと考えています。そしてその...

発達障害の私は10社以上解雇され、二次障害に

発達障害の私は10社以上解雇され、二次障害に

  この記事は50代の女性に書いていただきました。 …………  私は今年51歳になる独身の女性です。簡単に私の過去のことについてお伝えします。 〇短大を卒業してから勤め先を10社以上替えています。  自発的に転職をしていたわけではなく、全て解雇によるものです。今...

発達障害の子が人間関係につまづきやすい理由

発達障害の子が人間関係につまづきやすい理由

   発達障害の特徴の一つとして、コミュニケーションの障害があります。そのため、友達作りが苦手でもあります。 小学生の人間関係  幼児~小学校低学年ぐらいの人間関係はまだ、定型発達の子どもたちも「友達づきあいを学ぶ時期」のため、お友達とのトラブルがよく起こります。ですので、発達障害の子どもとの差はまだ少ないで...

発達障害に対する補助具

発達障害に対する補助具

   発達障害の特徴の一つとして得意・不得意が極端なことがあげられます。また、感覚統合がうまくいっていないために特定の感覚が過敏すぎたり、逆に鈍感すぎたりするがゆえに不快な思いをしたり、大切な情報が得られないということも少なくありません。  そういったお子さんのために、必要な情報を収集しやすくするためや、不快...

発達障害と診断された息子の成績の低下に悩む

発達障害と診断された息子の成績の低下に悩む

  この記事は発達障害のお子さんを育てている男性に書いていただきました。 前回の記事では息子さんが小学校3年生の時に「広汎性発達障害」と診断された事と国の研究に協力したことを書いていただきました。 ………………..  幼稚園の時には気にな...

息子が受けた発達障害に対する自治体の支援

息子が受けた発達障害に対する自治体の支援

  この記事は発達障害のお子さんを育てている男性に書いていただきました。 ……………  産まれた時には全く想像していませんでしたが、小学校3年生で医師から「広汎性発達障害」の診断を受ける事になります。赤ん坊の頃は割と活発に動き、よく笑う子でしたが、言...

アスペルガー症候群で精神障害者保険福祉手帳を取得し障害者枠で働く

アスペルガー症候群で精神障害者保険福祉手帳を取得し障害者枠で働く

  この記事はアスペルガー症候群の診断を受けている50代の女性に書いていただきました。 ……………………..  精神障害者保険福祉手帳を取得したときの傷病名は、(1)アスペルガー症候群(2)抑うつ状態でした。抑うつ...

Return Top