広告

発達障害に生活環境の悪化が加わり、暴力的な夫

発達障害に生活環境の悪化が加わり、暴力的な夫

   現在33歳の私には9歳と5歳、そして2歳になる子供がいます。そして休日には必ず子供たちを近所に連れて行ってくれる34歳の旦那がおり、5人家族として生活しています。週末になると子供たちと遊んでくれる事もありママ友からは「子煩悩な旦那さんで羨ましい」と言われます。  しかし旦那には数多くの問題があるのです。...

小4の息子の発達障害について。注意散漫と感覚鈍麻があります

小4の息子の発達障害について。注意散漫と感覚鈍麻があります

   就学前検診で引っかかり、発達検査の結果、ADHDとLDの傾向ありと診断された現在小4の息子がおります。  息子の小学校1~2年生の学校での様子と、周囲のサポートについて書かせていただきます。 同じ保育園出身者が一人もいない中、親子ともに不安な気持ちで小学校生活がスタートしました。  発達検査をした時、「...

なぜ発達障害者は疲れやすいのか

なぜ発達障害者は疲れやすいのか

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ………  こんにちは。発達障害者(自閉症スペクトラム障害、ADHD)の23歳女子大学生です。今回の記事では、発達障害の人の「疲れやすさ」についてお話したいと思います。  皆さんは、発達障害と聞くとどんな特徴を思い浮かべるでしょうか。空気...

発達障害の息子の自己肯定感が上がったきっかけは告知

発達障害の息子の自己肯定感が上がったきっかけは告知

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………  私には現在小4と小1の息子が2人います。小4の長男が発達障害です。高機能自閉症、ADHD、学習障害のトリプルなので、長男本人の生きづらさは「理解している」という言葉ではフォローできないくらい、いろいろ大変な事だと思います。  ...

発達障害の「親の会」に入る意義と注意点

発達障害の「親の会」に入る意義と注意点

この記事は40代の女性に書いていただきました。 …….  私には、就学前にアスペルガー症候群と診断された息子がいます(現在は中学生です)。小学2年生の初めころから地域の「親の会」に参加しています。その経験から、「親の会」に入る意義と注意点についてお話したいと思います。 「親の会」に入ると孤独な気...

息子が発達障害の診断を受けるまで。保育園の先生の言葉にショック

息子が発達障害の診断を受けるまで。保育園の先生の言葉にショック

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………..  今から書くのは、発達障害の息子についてです。息子の性質や診察を受けるまでに苦労したことなどを書いていきます。 常に泣く・・・。なんで?  新生児の頃から些細な音に反応してはすぐに起きる子供でした。ぐっすり寝ても2時間弱・・...

発達障害と知的障害を持つの妹の今と昔。仕事を見つけ、生き生きと

発達障害と知的障害を持つの妹の今と昔。仕事を見つけ、生き生きと

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ………….  私には現在24歳の妹がいます(妹Pとします)。妹Pは16歳の時に高校の先生からの勧めで発達検査を受け、学習障害(発達障害)と軽度の精神遅延(知的障害)と診断されました。この時の知能指数は7歳児と同等だそうです。...

発達障害の息子は漢字や書字が苦手でしたが克服。その方法とは

発達障害の息子は漢字や書字が苦手でしたが克服。その方法とは

「軽度」ゆえに立ちはだかる学業の問題  私には、就学直前にアスペルガー症候群と診断された息子がいます。主治医の方針で本人に告知していません。  その理由は2つあります。1つは「障害」という言葉が重すぎることです。もう1つは、現状、「障害児」と名乗ったところで、息子程度の「軽度」な子供までフォローするような特別支援教育が...

発達障害の夫との離婚。きっかけはカサンドラ症候群

発達障害の夫との離婚。きっかけはカサンドラ症候群

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………..  私は、カサンドラ症候群からパニック障害を発症し、子どもを連れて離婚するに至りました。私がカサンドラ症候群という言葉をはじめて聞いたのは、子どものことを相談していた小学校のスクールカウンセラーさんの口からでした。 子どもたち...

発達障害を抱える少女の治療事例。アイドルへのこだわりで拒食症に

発達障害を抱える少女の治療事例。アイドルへのこだわりで拒食症に

児童精神疾患の治療に携わっていた男性看護師に書いていただきました。 ………  現在行われている乳幼児健診では、先天性疾患や身体機能障害、脳機能障害の有無を調べられていますが、その中で「発達障害」に関する健診も同時に行われています。  この「発達障害」は、脳機能障害の一つと言えますが、個人によってその症状がそれぞれ違うと...

Return Top