広告

発達障害の「天才の個性」を伸ばすか殺すかは親次第

発達障害の「天才の個性」を伸ばすか殺すかは親次第

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 彼女の長男はアスペルガー、ADHDと診断を受けています。 …………. 子供の得意分野に目を向ける こころの小児科の主治医に、「この個性のお子さんは、とても優れています。ぱっと思いつくことは、他のお子さんと比べて...

発達障害と診断された息子の天才の個性を生かす為に訓練を始める

発達障害と診断された息子の天才の個性を生かす為に訓練を始める

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………….. 現在中学1年生の次男が、広汎性発達障害と診断されたのは4歳児の頃でした(参考記事「発達障害とはどんな障害?昔はこんな子、普通にいたよね」)。 1~2歳児の頃から、とてもこだわりが強く、「なんでこん...

Return Top