広告

発達障害の小学生の息子は暴力が多く、肋骨を折られました

発達障害の小学生の息子は暴力が多く、肋骨を折られました

  ADHDの息子は小学3年生になりました。 学校生活では以下のような性質があり、困り事が多いです。 ・授業の準備が出来ない ・縄跳びが飛べない ・定規で真っ直ぐな線が引けない ・リコーダーが出来ない ・コンパスで円が書けない ・忘れ物が多い ・長文になると読んでいる箇所が分からなくなる [参考記事] 「自閉...

Return Top