広告

米国小児科学会が「発達障害には農薬も関与している」と発表

米国小児科学会が「発達障害には農薬も関与している」と発表

  発達障害は遺伝が関わっていると言われており、実際に発達障害に関わる遺伝子が発見されています。 もう一つの可能性としては農薬が挙げられます。 主な農薬には有機リン系、ネオニコチノイド系がありますが、米国ハーバード大学の研究は「ADHDと有機リン系農薬には関係がある」と結論付けています。 これは新聞の記事にも...

Return Top