広告

誤診による投薬で副作用。大学生になってやっと発達障害と診断

誤診による投薬で副作用。大学生になってやっと発達障害と診断

  この記事は50代の男性に書いていただきました。 …….. 私の息子は既に成人をしていますが、発達障害のうちアスペルガー症候群と診断を受けています。 診断は大学生になってから受けました。 はっきり分かる自閉症から、健常者と全く変わらない自閉症がありますが、息子は後者です。 後者の場合...

発達障害の薬を子供に飲ませることは虐待なのか

発達障害の薬を子供に飲ませることは虐待なのか

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 …………………. 無事出産しました 妊娠中から特に出産の時にも順調でした。 出産予定日から遅くもなく、どちらかと言うとやや早めの36週で2700kgの大きさで産声を上げ、この...

アメリカの発達障害の事例④薬を子供に飲ませるのは親のため?

アメリカの発達障害の事例④薬を子供に飲ませるのは親のため?

この記事は「アメリカの発達障害の事例③処方薬が覚せい剤取締法の指定成分?」の続きです。 ………………… 息子の薬は処方箋をクリニックから郵送してもらっているので、郵送されている時間も考慮して処方箋を早目にオーダーしています。 しかし、早...

アメリカの発達障害の事例③処方薬が覚せい剤取締法の指定成分?

アメリカの発達障害の事例③処方薬が覚せい剤取締法の指定成分?

学校のミーティングでも先生方にはお話ししたのですが、主人の転勤に伴い、その頃ちょうど家を売りに出していました。 遅かれ早かれ転校をせざるを得なかったので、学校の先生が息子の5段階評価を記入してくれなくてもあまり強く出るつもりはありませんでした(「アメリカの発達障害の事例②学校の精神科医や先生との話し合い」で説明しました...

Return Top