広告

かんしゃくが激しい発達障害の息子。特別支援学級で大きく成長

かんしゃくが激しい発達障害の息子。特別支援学級で大きく成長

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ……… 今から5年前、当時年長だった息子を預け入れている保育園での出来事。園長先生と担任の先生に呼び出され、息子についてのお話をすることになりました。息子は生まれてから本当に他の赤ちゃんのように泣いたり悪戯したり、そういう「赤ちゃんらし...

発達障害の感覚過敏の実際と克服するための工夫

発達障害の感覚過敏の実際と克服するための工夫

この記事は50代の女性に書いていただきました。 …….. 発達障害当事者が悩みがちな障害特性のひとつに「感覚過敏」というものがあります。昨今の“発達障害ブーム”によって「感覚過敏」なる障害特性があること自体は、広く世間に知られるようになったものの、現実には健常者の皆さんにとっては、それがどのよう...

発達障害者であっても自分らしく生きよう。人と同じである必要はない

発達障害者であっても自分らしく生きよう。人と同じである必要はない

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ………… 障害が重くても甘えは許されない 私は発達障害に身体障害と軽度知的障害とを併せ持ちながらも、完全自立生活を送っています。五十歳を迎えた今でも、本来子ども特有の障害特性だとされる「多動」が色濃く残っている状態です。その...

ADHDの性質により勉強も仕事も苦手。ストレスで顎関節症へ

ADHDの性質により勉強も仕事も苦手。ストレスで顎関節症へ

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ……… 私は、社会福祉士と精神保健福祉士という国家資格を持ったソーシャルワーカーです。これら二つの資格を生かして、知的障害や精神障害という、見た目ではわかりずらい障害を持っている人の支援をしています。 現在の職場は、就労継続支援B型事業...

発達障害の私が首つり自殺を決行するまでの経緯

発達障害の私が首つり自殺を決行するまでの経緯

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ……….. 私(20代男)はADHDです。自分が周りとは違うと気づくまでに20年以上かかりました。 改めて見直すと問題児でした  私は発達障害当事者の男性です。21歳の時にADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されました。小さい頃から落ち...

療育の事例⑤コミュニケーションの練習。ジェスチャーと絵カード

療育の事例⑤コミュニケーションの練習。ジェスチャーと絵カード

この記事は児童指導員に書いていただきました。 …………  私は療育施設で児童指導員として個別や集団での療育を行っています。今回はコミュニケーションの練習風景について、事例を通してご紹介します。なお、今回紹介する事例は複数のお子さんの療育を合わせた架空の事例になります。 1...

療育の事例③ビジョントレーニング(6歳A君の事例)

療育の事例③ビジョントレーニング(6歳A君の事例)

この記事は児童指導員の方に書いていただきました。 …….. はじめに  私は療育施設で児童指導員として個別や集団での療育を行っています。  発達障害を調べる中でよく出てくる「目と手の協応」という言葉をご存知でしょうか。目で情報を見て、その情報に合わせて手を動かす、ということです。  例えば、ドッ...

双子の1人が自閉症と知的障害、1人は健常。その苦労を語ります

双子の1人が自閉症と知的障害、1人は健常。その苦労を語ります

この記事は50代の男性に書いていただきました。 ………..  男の子の双子を授かったのは2005年7月。今年の春、それぞれ中学生になります。長かったような、あっという間だったような…..長い忍耐の日々だったことは、正直に言って否定できません。一人は健常者、もう一人は障害者...

療育の事例②感覚統合へのアプローチ

療育の事例②感覚統合へのアプローチ

この記事は児童指導員の方に書いていただきました。 ……… 1.はじめに  私は現在、療育施設にて児童指導員として勤務しております。  発達障害を勉強していると必ず目にする「感覚統合」。でも「感覚統合」って結局なんなのかよくわ分からないという方もおられるかと思います。  今回は事例を通...

Return Top