広告

イジメにより発達障害の二次障害が発症し家庭環境により重症化

イジメにより発達障害の二次障害が発症し家庭環境により重症化

  この記事は20代の男性に書いていただきました。 ……… イジメにより二次障害が発症し、家庭環境により重症化  発達障害の二次障害が出てきたのは、中学の頃でした。きっかけは学校でのイジメですが、発達障害の性質によりコミュニケーションが上手くできず、絶えずイジメの対象になっ...

発達障害の娘の乳幼児期と小学校での様子

発達障害の娘の乳幼児期と小学校での様子

   この記事は発達障害のお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ………… ◆乳幼児期の様子  娘は、サプライズが苦手です。乳幼児の頃、予防接種や健診などに連れて行く時に、あらかじめ話すと嫌がられるので、何も伝えずに連れて行くと、パニックを起こ...

発達障害の二次障害と気づかず精神を病む息子

発達障害の二次障害と気づかず精神を病む息子

  この記事は50代の男性に書いていただきました。息子さんは発達障害による二次障害で精神を病んでしまい、精神科に行くまでになりました。 ……..  私の息子は既に成人をしていますが、発達障害のうちアスペルガー症候群と診断を受けています。診断は大学生になってから受けました。はっきり分かる...

筋力や運動神経が弱い発達障害の息子のために行なった療育

筋力や運動神経が弱い発達障害の息子のために行なった療育

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ……….  発達障害がある息子は運動面でも困難を感じる場面が多いようです。息子は小学校に上がるまで発達障害に気付けなかったので、幼稚園時代はキャッチボールや縄跳びなどが他の子のように出来ずに辛い思いをさせてしまいました。 ...

オーストラリアの自閉症児専門の療育センターで訓練を開始

オーストラリアの自閉症児専門の療育センターで訓練を開始

    この記事は「オーストラリアで長男の発達障害の検査をし診断が下りる」の続きです。 …………….  診断後、一番初めにやった事は自閉症児専門の療育センター(オーストラリア)への申請です。近年70人に1人が自閉症児。発症率は年々、上がる一...

療育で言葉を覚えていった自閉症の息子。じっと座っていられるようにも

療育で言葉を覚えていった自閉症の息子。じっと座っていられるようにも

  この記事は3歳の自閉症の男の子を育てている父親に書いていただいています。 …………..  今年の4月から息子は療育の保育園に通い始めました。息子は発達障害の種別で言えば自閉症です。 〇逆手バイバイ 〇つま先立ち歩き 〇回転するものを見ること など自閉症の特徴に一致する行動があります。  幸いにも、他に待っ...

発達障害のための作業療法(感覚統合療法)とは

発達障害のための作業療法(感覚統合療法)とは

◇発達障害児の作業療法とは  発達障害の子の中には、極端に不器用だったり、運動神経が鈍いと言われるような動作の困難を抱えている子が少なくありません。例えば「ボールをキャッチできない」 「お箸が持てない」「文字が書けない」等のような困難を改善するには「感覚」の発達を促すことや、基本動作の訓練が必要になります。  また、外...

発達障害のための作業療法(感覚統合)の訓練と事例

発達障害のための作業療法(感覚統合)の訓練と事例

  療育アシスタントの仕事をしていた男性の方に書いていただきました。 …………………….  初めまして。療育アシスタントをしている島田といいます。私は発達障害のための療育現場でアシスタントとしてのお仕事をさせていた...

Return Top