広告

療育の事例③ビジョントレーニング(6歳A君の事例)

療育の事例③ビジョントレーニング(6歳A君の事例)

この記事は児童指導員の方に書いていただきました。 …….. はじめに  私は療育施設で児童指導員として個別や集団での療育を行っています。  発達障害を調べる中でよく出てくる「目と手の協応」という言葉をご存知でしょうか。目で情報を見て、その情報に合わせて手を動かす、ということです。  例えば、ドッ...

発達障害を抱える中学生の治療実例(二次障害による統合失調症)

発達障害を抱える中学生の治療実例(二次障害による統合失調症)

児童精神疾患の治療に携わっていた男性看護師に書いていただきました。 ………  発達障害という言葉を聞いたことがあるでしょうか。発達障害は目に見えない、脳の働きが障害されることで起こる、知的、精神的障害であり、生まれつき持っている本人の「性格」「個性」とも捉えることができます。  「障害」と聞くと陰性感情を持ってしまいが...

発達障害を抱える少女の治療事例。アイドルへのこだわりで拒食症に

発達障害を抱える少女の治療事例。アイドルへのこだわりで拒食症に

児童精神疾患の治療に携わっていた男性看護師に書いていただきました。 ………  現在行われている乳幼児健診では、先天性疾患や身体機能障害、脳機能障害の有無を調べられていますが、その中で「発達障害」に関する健診も同時に行われています。  この「発達障害」は、脳機能障害の一つと言えますが、個人によってその症状がそれぞれ違うと...

先天性心疾患の息子のために行なった療育

先天性心疾患の息子のために行なった療育

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……….  妊娠6か月の妊婦健診の時に、胎児が先天性心疾患だと胎児診断されました。多くの合併症を合わせてもった単心室症という病名で、出産までにも色々ありましたが無事出産することができ、心臓の手術を受けました。  この単心室症という病気は...

発達障害に対して十分な療育を受けられなかった息子の現在

発達障害に対して十分な療育を受けられなかった息子の現在

  この記事は発達障害のお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ………  息子は発達検査の結果だけでは分からない生活上の困難を多々抱えています。例えばこだわりの強さだったり感覚過敏だったり…。見えている世界が定型発達の子とは違うので、周囲が「当然こうであろう」と既に把握している常識も彼には一...

発達障害の苦しさからリストカット。誤診されさらに酷い目に

発達障害の苦しさからリストカット。誤診されさらに酷い目に

この記事は30代の女性に、発達障害の苦しさ、誤診された経緯、そしてリストカットについて書いていただきました。 ………..  私は、発達障害者です。発達障害の中でもコミュニケーションを不得手とするタイプ、いわゆる広汎性発達障害です。コミュニケーションが苦手などの特性から、子どもの頃から...

発達障害検査の初診時に行われた診察や血液検査について

発達障害検査の初診時に行われた診察や血液検査について

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …….  「部屋の片付け方が分からない」と泣きながら言う息子を見たのが、我が家の受診のきっかけでした。今回は、発達障害を調べるための診察の内容や行われた検査についてお話ししたいと思います。 医者探しのためにスクールカウンセラーに相談  まず私が行ったことは息...

自閉症の子を家で療育する大変さ。私は生理が止まりました

自閉症の子を家で療育する大変さ。私は生理が止まりました

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……..  息子が2歳半の時に、自閉症と診断されました。それまで一言も言葉を発しなかったことをいぶかしく思いつつ、周りの「男の子は発達が遅いから」「国際結婚で多言語が飛び交ってるから」(当時海外在住で、夫も外国籍)という声に惑わされ、...

発達障害の娘に行なったソーシャルスキルトレーニングを紹介

発達障害の娘に行なったソーシャルスキルトレーニングを紹介

   娘は、2歳の時に「広汎性発達障害」と診断を受けました。こだわりが強く、自分の思い通りにならないと、壁に頭をぶつけて泣いてばかりいました。  3歳から通っていた療育センターでSST(ソーシャルスキルトレーニング)を習い、実行していましたので、簡単にご紹介したいと思います。 ソーシャルスキルトレーニング①行...

Return Top