広告

不注意優勢型のADHDだと診断を受けるまでの経緯

不注意優勢型のADHDだと診断を受けるまでの経緯

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……. 「なんだか変だな」 「男の子ってこんなもの?」  子どもに自我が芽生えだしてからの私は、ずっとこのようなことを感じていました。何度か発達障害を疑ったこともありましたが、当時の私はADHD=多動というイメージしか持っていなかった...

ADHDの殻を被ったアスペルガーの娘について

ADHDの殻を被ったアスペルガーの娘について

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………  長男が1才7ヶ月の時に娘が生まれました(現在高校3年生)。小さい頃の娘を育てていて、時々、極端な性格に驚いたり、何とも言えない違和感を抱いたり、でも、この子は天才かも・・・なんて思っていました。 違和感と不思議感...

不注意優勢型ADHDの私の苦しい人生。仕事も人間関係もダメ

不注意優勢型ADHDの私の苦しい人生。仕事も人間関係もダメ

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……….  私は発達障害(「不注意優勢型のADHD」)と診断されている30代の女性です。私は幼少から、親を困らせてばかりの手のかかる子供でした。人見知りが激しく泣いてばかり。1人遊びが大好き。おねしょは11歳すぎても治らな...

ADHDの息子と向き合った20年。障害に気付いたのは中学時代

ADHDの息子と向き合った20年。障害に気付いたのは中学時代

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ……….  私の息子は発達障害(ADHD)です。昨年20歳を迎え成人しました。  発達障害であると分かるまで、そして分かってからも、息子と向き合う日々は葛藤の連続でした。そんな我が家の20年の経験をご紹介したいと思います。...

ADHDである私の息子の様々な症状。集中しすぎてお漏らし

ADHDである私の息子の様々な症状。集中しすぎてお漏らし

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……….  私の小学校3年生の息子は発達障害の中のADHDです。このADHD(注意欠陥・多動性障害)には様々な症状がありますが、今回は息子に現れている症状に関して書きます。 症状①朝が起きれない  最近の子供は大人と同じく...

ADHDではないという診断に戸惑い。だったら、私は何者なの?

ADHDではないという診断に戸惑い。だったら、私は何者なの?

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …….. 発達障害ではないかと思い始めたきっかけ  昔から、片付けが苦手でいつも親に部屋が散らかっていると怒られ、忘れ物も多く先生にも怒られていました。また、小学校中学年から勉強についていけなくなり、テストの点数は悪く、点数が悪いこと...

ADHDの私が苦難を乗り越えて幸せな結婚を手に入れるまで

ADHDの私が苦難を乗り越えて幸せな結婚を手に入れるまで

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 ………..  私は25歳女性です。約4年前にADHDの診断を受けました。きっかけは、新卒で就職したもののパワハラに遭い、精神的に追い込まれて心療内科を受診したことです。診断は、ADHDと抑うつ状態(うつは発達障害による二次...

幼少期から続く私のADHDの症状。1年に2台車を廃車に

幼少期から続く私のADHDの症状。1年に2台車を廃車に

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 …………  私は医師からAHDHの診断を受けています。ADHDは幼少期からその性質が現れることが多く、私もそうでした。ADHDとは、不注意、多動性、衝動性から成る脳の障害です。これらを幼少期からあった私の症状で...

ADHDである私が社会人になって直面した大きな壁

ADHDである私が社会人になって直面した大きな壁

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 …………  私がADHD(注意欠陥・多動性障害)であると診断されたのは大学を卒業して1年後のことでした。それまではADHD(注意欠陥・多動性障害)という言葉も知らず、ましてやそれが自分の今後の社会人生活に大きな...

大人になってから発達障害(ADHD)と判明。父からの遺伝?

大人になってから発達障害(ADHD)と判明。父からの遺伝?

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …  私は小さい頃から「活発な子」や「落ち着きの無い子」と言われていました。 主には 「じっとできない」 「空気が読めない」 「駄目だと言われた事でも我慢できずにやってしまう」 などでした。  「じっとできない」に関しては学生時代、特に中学生まで...

Return Top