広告

息子の発達障害が判明したきっかけとその性質について

息子の発達障害が判明したきっかけとその性質について

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……………..  私には発達障害の息子がいます。息子が、アスペルガー症候群とADHDの診断を受けたのは、今から4年ほど前のことです。今回は息子のことを書いていきたいと思います。  私は先天的に視力が全くありません...

ADHDの息子の能力を向上させるために行なっている事

ADHDの息子の能力を向上させるために行なっている事

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ……..  5歳になって療育に通い始めた息子は、小学生になる頃には、ADHD(不注意優勢型)と診断されました。小学生になって、まず困ったことは、学校の授業での黒板の板書です。このことは、療育に通っている頃から、担当の先生に言われていましたが、実際に...

普通の人ができない、発達障害である私の特技

普通の人ができない、発達障害である私の特技

   皆さんはADHDという障害をご存知でしょうか?最近はメディアでこの障害が取り上げられたり学校や社会で少しずつ認知され始めました。  私は20歳の頃にADHD(注意欠陥多動性障害)だと診断されました。この障害が以前より社会に認知され始めたとはいえ、現状は非常に生きていくのが苦しいと感じる方は少なくありませ...

小4の息子の発達障害について。注意散漫と感覚鈍麻があります

小4の息子の発達障害について。注意散漫と感覚鈍麻があります

   就学前検診で引っかかり、発達検査の結果、ADHDとLDの傾向ありと診断された現在小4の息子がおります。  息子の小学校1~2年生の学校での様子と、周囲のサポートについて書かせていただきます。 同じ保育園出身者が一人もいない中、親子ともに不安な気持ちで小学校生活がスタートしました。  発達検査をした時、「...

発達障害の息子の自己肯定感が上がったきっかけは告知

発達障害の息子の自己肯定感が上がったきっかけは告知

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………  私には現在小4と小1の息子が2人います。小4の長男が発達障害です。高機能自閉症、ADHD、学習障害のトリプルなので、長男本人の生きづらさは「理解している」という言葉ではフォローできないくらい、いろいろ大変な事だと思います。  ...

発達障害と知的障害を持つの妹の今と昔。仕事を見つけ、生き生きと

発達障害と知的障害を持つの妹の今と昔。仕事を見つけ、生き生きと

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ………….  私には現在24歳の妹がいます(妹Pとします)。妹Pは16歳の時に高校の先生からの勧めで発達検査を受け、学習障害(発達障害)と軽度の精神遅延(知的障害)と診断されました。この時の知能指数は7歳児と同等だそうです。...

ADHDの私の学生時代を振り返る。自己肯定感が下がらなかった理由

ADHDの私の学生時代を振り返る。自己肯定感が下がらなかった理由

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ………….  こんにちは!私は不注意優勢型のADHD(注意欠陥多動性障害)の大学生です。ご存じかも知れませんが、ADHDは発達障害の一種で「落ち着きがない」「うっかりミスが多い」「忘れ物が多い」などの症状があります。これらの...

なぜ6年生になるまで息子の発達障害に気が付かなかったのか

なぜ6年生になるまで息子の発達障害に気が付かなかったのか

この記事は40代の女性に書いていただきました。 ……….  現在小学6年生の息子は、使い込んで端がほつれているランドセルを背負って、今日も元気に学校に行きました。  息子が発達障害だと診断されたのはつい数か月前の事です。私たち夫婦は6年生になるまで、息子の発達障害に気付いてあげる事が...

自殺未遂を図ったほど苦しんだADHDと上手く付き合うコツ

自殺未遂を図ったほど苦しんだADHDと上手く付き合うコツ

 この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……………  20歳の時、大学でたまたまADHD(注意欠陥多動性障害)を研究している先生の講義を受講し、「お前は典型的なADHDだな」と言われたのをきっかけに、病院でADHDと診断されました。ADHDと診断され...

ADHDにより日常困ったこととその対策。置き忘れ、書き間違いなど

ADHDにより日常困ったこととその対策。置き忘れ、書き間違いなど

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ………..  私はADHDの特性を持っていることにより、日常生活で困った経験が多くあります。その対策について記します。 移動中にモノがなくなる  『置き忘れが多すぎる』。これは、ADHDの「不注意」特性により、私が最も悩んでいることとい...

Return Top