広告

ADHDにより遅刻や忘れ物が多かったが、適当キャラで乗り切る

ADHDにより遅刻や忘れ物が多かったが、適当キャラで乗り切る

   「忘れ物」「遅刻」「休む」「締め切りを守れない」…これらはADHDの不注意優勢型を患う人の特徴的な症状です。  でもこれって、ADHDを持たない普通の人でもよくある事ですよね。そのせいか、「こんなの自分だってあるよ」「障害じゃない、怠け病だ」といった感想を言う人が沢山います。  私自身も、まさかこんな事...

ADHDと小児鬱を抱えて悩む息子の為に校長にかけ合ったこと

ADHDと小児鬱を抱えて悩む息子の為に校長にかけ合ったこと

この記事はADHDのお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ………  赤ちゃんの頃から「頭を打ち付ける」などの行為があり色んな施設に相談に行っていました。ですが、時期が早すぎて判断できない・・・との事で幼稚園に上がるまでは様子を見る事になりました。 ■小児鬱から注意...

担任がADHDの息子のために行ってくれた教室内の環境整備

担任がADHDの息子のために行ってくれた教室内の環境整備

この記事はADHDの息子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 …………….  現在小学二年生の息子が発達障害(ADHD)と診断されたのは一年生の秋のことです。入学当初から小さなトラブルを抱えつつも、「まだ学校生活に慣れていないから…」と学校側も...

不注意優勢型ADHDの息子がピアノレッスンに集中できた理由

不注意優勢型ADHDの息子がピアノレッスンに集中できた理由

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……..  私には小学二年生の息子がいます。彼はADHD(不注意優勢型)です。息子は小学校入学時よりピアノを習っています。週1回、40分間のマンツーマンでのレッスンですが、なかなか集中力が続かず、母親である私もピアノ講師の先生も頭を悩ませる日々が続...

ADHDの二次障害であるうつ病により入院した経緯

ADHDの二次障害であるうつ病により入院した経緯

  30代男性に書いていただきました。 ……………..  私は24歳の時から9年間公務員としてある町の教育委員会に勤務をしていましたが、係長に昇格して2年後にうつ病を発症し、2ヶ月間の入院を余儀なくされました。そして、入院中にADHD(注意欠陥多動性...

アスペルガーとADHDを抱える息子の幼児期と小学校時代の特徴

アスペルガーとADHDを抱える息子の幼児期と小学校時代の特徴

   息子は現在公立中学校の一年生です。知的障害が無い為、普通クラスで学校生活を送っています。今のところはこのまま様子を見ている状態です。アスペルガー症候群とADHDの合併という診断を受けてから3年が経ちます。  情緒が不安なせいか睡眠障害があります。それゆえ朝起きるのは大変辛そうです。そのうえ時間の管理がで...

ADHDとアスペルガー症候群を合併している私の性質

ADHDとアスペルガー症候群を合併している私の性質

 この記事はADHDとアスペルガー症候群という2つの発達障害を合併している女性に書いていただきました。 …………..  私(35歳女性)は「軽度のADHDとアスペルガー症候群も少し入っている合併型の発達障害」との診断を受けています。現在は仕事を辞め専業主婦ですが、ハローワ...

ADHDの症状による大学や仕事への影響

ADHDの症状による大学や仕事への影響

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ……  かつて「子どもの病気」とされていたADHDですが、現在では大人になってからも多くの人にその症状が残ることが明らかになっています。私の場合、子どもの頃はADHDと誰にも気付かれず、成人後に診断を受けたので「大人になってからも症状が続いた」典型...

ADHDに対して薬よりも効果があったビジョントレーニング

ADHDに対して薬よりも効果があったビジョントレーニング

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ……  小学校~中学校のときには忘れ物が多かった程度で、周りの子どもたちと問題なく接してしました。成績は国語・英語が苦手でしたが、それが普通の子に比べてとんでもなく悪かったわけではありませんでしたので、発達障害とは疑っていませんでした。  本格的に...

不注意優勢型ADHDの診断を受けている私の人間関係

不注意優勢型ADHDの診断を受けている私の人間関係

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 …..  不注意優勢型ADHDと診断を受けている20代後半・女性です。私は自分のことを「人間関係が得意とは言いがたいタイプ」だと思っています。とはいえ昔からの友人であった夫と結婚し、十年来の親友の他にいつでも気軽に誘える遊び仲間が何人かいるので、...

Return Top