広告

不注意優勢型ADHDの診断を受けている私の人間関係

不注意優勢型ADHDの診断を受けている私の人間関係

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 …..  不注意優勢型ADHDと診断を受けている20代後半・女性です。私は自分のことを「人間関係が得意とは言いがたいタイプ」だと思っています。とはいえ昔からの友人であった夫と結婚し、十年来の親友の他にいつでも気軽に誘える遊び仲間が何人かいるので、...

医師から教えてもらった不注意優勢型ADHDのための療育

医師から教えてもらった不注意優勢型ADHDのための療育

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …….  不注意優勢型のADHDと診断された息子(小学生)。自分が上手くできないのはADHDだからだと理解してからの彼は、まさに水を得た魚のごとく生き生きとし出します。ADHDな自分を楽しんでいるようです。母親の私もそれは同じで、「もう無駄に怒らないでいいん...

不注意優勢型のADHDだと診断を受けるまでの経緯

不注意優勢型のADHDだと診断を受けるまでの経緯

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……. 「なんだか変だな」 「男の子ってこんなもの?」  子どもに自我が芽生えだしてからの私は、ずっとこのようなことを感じていました。何度か発達障害を疑ったこともありましたが、当時の私はADHD=多動というイメージしか持っていなかった...

不注意優勢型ADHDの私の苦しい人生。仕事も人間関係もダメ

不注意優勢型ADHDの私の苦しい人生。仕事も人間関係もダメ

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……….  私は発達障害(「不注意優勢型のADHD」)と診断されている30代の女性です。私は幼少から、親を困らせてばかりの手のかかる子供でした。人見知りが激しく泣いてばかり。1人遊びが大好き。おねしょは11歳すぎても治らな...

息子が発達障害と診断されるまでの苦しい道のり。親が登園拒否に

息子が発達障害と診断されるまでの苦しい道のり。親が登園拒否に

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …….  私には3年生になる息子がいます。小さい頃から手がかかる子でしたが、成長したら落ち着くだろうとか、男の子はこんなもんだろうと思ってました。幼稚園に通いだしてからも、お友達に手を出してしまったり、上靴の裏の溝にはクレヨンがくっつ...

ADHDの息子と向き合った20年。障害に気付いたのは中学時代

ADHDの息子と向き合った20年。障害に気付いたのは中学時代

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………. 私の息子は発達障害(ADHD)です。 昨年20歳を迎え成人しました。 発達障害であると分かるまで、そして分かってからも、息子と向き合う日々は葛藤の連続でした。 そんな我が家の経験をご紹介したいと思います。 幼少期...

ADHDと初期の知的障害がある息子の成長記録

ADHDと初期の知的障害がある息子の成長記録

  私にはADHDと初期の知的障害の息子がいるのですが、もうすぐ10歳になります。 息子が産まれた時はかなりの難産で2日も掛かりました。 私は小柄ですが息子は3600グラムと大きくなかなか産まれず…助産師さんにお腹を押され、吸引分娩で産みました。 産まれた時は元気に泣き、体もマルマルとしていました。  1歳頃...

中学1年生で発達障害と診断されたが、既に二次障害の鬱

中学1年生で発達障害と診断されたが、既に二次障害の鬱

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ………. ■診断に至る経緯 息子は現在中学1年ですが、登校拒否中です。 登校拒否となったのは、中学1年の11月後半からでした。 当初、きっかけは、部活での不注意を咎められることに耐えきれなくなったことが一番です。 その経緯...

夜尿症からADHDだと判明した経緯を説明します

夜尿症からADHDだと判明した経緯を説明します

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………….. 私は発達障害を抱える子供(小学3年生の男)の母親です。 最初は第一子ということもあり、他と比べる事も無く普通だと思っていました。 ですが、大きくなるにつれ、周りのお友達との違いが現れてきました。 ...

ADHDではないという診断に戸惑い。だったら、私は何者なの?

ADHDではないという診断に戸惑い。だったら、私は何者なの?

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …….. 発達障害ではないかと思い始めたきっかけ 昔から、片付けが苦手でいつも親に部屋が散らかっていると怒られ、忘れ物も多く先生にも怒られていました。 また、小学校中学年から勉強についていけなくなり、テストの点数は悪く、点数が悪いこと...

Return Top