Read Article

広告

発達障害の薬を子供に飲ませることは虐待なのか

広告

 

この記事は40代の女性に書いていただきました。

………………….

無事出産しました

妊娠中から特に出産の時にも順調でした。
出産予定日から遅くもなく、どちらかと言うとやや早めの36週で2700kgの大きさで産声を上げ、この世に生まれてきました。
勿論、この時も特に問題が有るわけでもなく、無事元気な男の赤ちゃんで喜びも一杯でした。
誕生したあとに定期的に受ける健康診断でも順調で一歳児検診までは、どこも気になるようなことはありませんでした。
成長がとても楽しみでした。
そして、半年を過ぎた頃から風邪をひいた時に熱が急激に上がり、その時に熱性けいれんを起こしました。
それから、一年に一回もしくは二回の割合で熱性けいれんを起こすようになりました。
それが、数回程起きましたが、その後、熱もないのにけいれんを起こすようになり、これがいわゆる無熱性けいれんといい、これは一年に一回ありました。

発達障害のある子供の子育て

まず、つかまり立ちをできるようになって、よちよち歩きを始めるようになった一歳児検診の時に、はっきりした診断名は言われませんでしたが、この頃から、

「平均的な子供に比べると少し落ち着きがないかもしれませんね」

ということを言われました。
ですが、あともう一年ぐらいすれば大分落ち着いてくるでしょうという判断から様子を見ることにしました。
落ち着きのない子・・これはいわゆる性格とでも言えようが、ほんの数分、一瞬でも先生の話を聞こうともしませんでした
それどころか、先生が話をしていても、少しは目を合わせますが、直ぐに他のモノに興味を持ってしまい、あれやこれやとすべてのモノを触っては、次から次へと手にしたがるのです。
この時点では、発達障害かどうかは分かりませんでしたが、落ち着きがない(多動)ということで個人的にはADHD(注意欠陥/多動性障害)を疑いました。

でも、次の一年で成長すると思い、願うように期待しつつも、やはり二歳児検診でも一歳児検診の時の落ち着きのなさは変わりませんでした。
この時には
不注意
落ち着きがない
衝動的
と判断されたが、正式な診断名としては言われませんでした。

その後、医師に無熱性けいれんを起こしたことがあることを伝えましたら

「無熱性けいれんを起こすことは、てんかんの疑いもあります。てんかんは脳の病気ですので、発達障害ということも視野に入れておくといいですね」

と言われ、この時から少しずつ発達障害という言葉を頭に入れるようになりました。

ADHDの診断をされるも薬は拒否

それから、保育園に入り、行動が明らかに衝動的でもあり、欲求のコントロールが効かないことや、けいれんからてんかんを起こしたことを含め、初めてADHDという診断がされました。
これを機に、児童精神科にかかるようになりましたが、最初に療育を勧められましたが、その手始めに薬の服用を勧められました。
しかし、副作用を考慮すると考えに考えた結果、断固として薬だけは拒否をしました。
ところが、療育を受けるためにはまず、薬を飲まないと始まらないと言われ、他の病院の児童精神科を受診することを考え、診察を受けましたが、そこでも最初に薬をすすめられたので、医者以前に人間として、直ぐに薬を勧めるのは、腑に落ちないと思いました。
発達障害の薬は覚せい剤と同じ作用があると言っている医師もいる中で、やはり納得はできないです。
その結果、信頼を持つどころか気持ちを委ねることができないと思い、これなら自分でしっかり見守るしかないと思いました。

トラブル続きな日々

そして、保育園に通っている間も、いろいろと、友達や先生など、関わる人すべてに乱暴的な行動が毎日のようにあり、小学校に入っても、次から次へとトラブルがありました。
学習面でも、高学年になればなるほど、問題も難しくなり悩むところがたくさん出てきました。
特に、自分の子供は、軽度の知的障害も重なり、周囲の子供たちとの差がドンドン開いていき、子供としては、とても苦しくなってきました。
ですので、普通の塾ではなく、子供に合わせてくれる塾を探し行かせています。
今は、遅れを取り戻すのではなく、子供に合った内容を学ばせています。
そして、小学校4年生頃から、少しずつ友達に対しての乱暴的な行動も減ってきました。
なので、友達とのトラブルは、喧嘩も含め子供ならではの事だと考えるようになり、今は、そっと見守りながらも、友達との間に問題が起きた場合は、子供の気持ちを聞いてみることで助言をしたりします。

現在の様子

今現在は、大分落ち着いてきておりますが、精神面でのコントロールをすることが難しいようで欲求を抑えることが大変です
ですので、身体の成長と共に、心も成長するので子供の気持ちを大事にしてあげることが今は、一番大事だと思っております。
医師からも言われた「いずれ、落ち着きます」という言葉を信じて、丁寧に接していこうと考えています。

独断的な判断ですが、幼少期に薬で頭をコントロールするようなこと、抑え込むようなことをしなくて良かったことを今で思っています(発達障害薬を飲ますことは虐待だと言っている医師もいますが、私も賛成です)。
でも、その代わりの代償は大変です。
自分の子供だから何を考えているのかを良く理解していると思っていますが、なかなかそう簡単ではありません。
子育てについて長いこと悩み続けていくことで、やっと少し分かる程度です。
しかし、人の気持ち、人間の心がどれだけ繊細なのかを改めて考えることができて、子供に感謝しています。

[参考記事]

●ADHD治療薬は、ほとんど覚醒剤
そしてADHDの場合さらに問題となるのが薬の問題である。
ADHDでは専用の治療薬としてストラテラとコンサータという薬が承認されている。
ADHDは集中力がないのでこれらの薬で集中力を高めようというのがお題目だ。
しかしこれらは本当に覚醒剤そのもののような薬であり、とてもじゃないが子どもに飲ませることができるような物質ではない。
海外では多くの注意喚起がなされているが、精神科医たちはすべて無視しているのが現状である。さらに危険な薬がコンサータである。
コンサータは悪名高いリタリンの徐包剤で、メチルフェニデートと呼ばれる物質である。
メチルフェニデートはアンフェタミン系の類似物質であり、アンフェタミン系の薬物の代表格がメタンフェタミンであるシャブ(ヒロポン、スピードとも呼ばれる)である。
つまりコンサータを子どもに飲ませるということは、長時間効くシャブを子どもに飲ませているのと何ら大差はない。
子どもを発達障害とつけている親はすべて虐待者である。そしてどんな親もていの言い訳と正当化をしているにすぎない。

内海聡医師のフェイスブックから引用

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top