Read Article

広告

発達障害と天才は紙一重?トムクルーズやエジソンも発達障害

広告

発達障害の特徴のひとつとして「得意不得意が極端」なことが挙げられます。
通常こういった特徴は「極端に何かができない」ことに注目されがちでした。
不得意なことを克服しましょうという傾向は我々が育ってきた教育のせいかもしれません。
ですが逆に「極端に得意なこと」もあるということに注目すると、実は発達障害児の中には隠れた天才がいるのかもしれない、ということも言えるのではないでしょうか。
世界の偉人や現在活躍している有名人の中にも、発達障害がある人は少なからずおられます。
ここではそんな人たちが才能を開花できた理由について考えてみたいと思います。

発達障害をもつ有名な天才たち~周りのフォローが大事

「発達障害 有名人」で検索するとそうそうたる面々の名前が出てくるので驚きます。
エジソンやアインシュタインの名前が出てきて驚いたことも。
エジソンは「粘土を2つ足したらひとつになるのにどうして1+1は2なのか」と質問し、教師を困らせたり、そしてなんにでも疑問を持ち危険を顧みず実験しようとして問題を起こしたりと、小学校を3か月で退学になったというエピソードがあります。
そのようなエピソードは「特定の物事に対する極端なこだわり」や「気になったらいてもたってもいられなくなる衝動性」などの発達障害の特質と共通しています。
学校を退学になったエジソンはその後、お母さんが家庭教師をして勉強を教えたそうです。
お母さんはエジソンが疑問に感じたことは懇切丁寧に答え、教えました。
実験に関しても人命にかかわることでなければ、興味の向くまま割と自由にさせていたといいます。
エジソンが「世界のエジソン」と呼ばれるようになるまでには、お母さんのフォローがあったのも一つの理由かもしれません。

苦手を無理に伸ばさなくてもいい。得意を強みに

先ほどのエジソンの例でも同じことが言えそうなのですが、得意を強みにすることも大切です。
ハリウッド俳優のトム・クルーズは字が読めないLDであることをカミングアウトしています(参考記事「ADHD(注意欠陥・多動性障害)とLD(学習障害)の特徴について」)。
その分、耳で聞く情報はすんなり入るので、台本読みはあらかじめ誰かに読んでもらい録音、それを聞いて覚えるのだそうです。
台本と役作りは実際、字が読めなければアウトというわけではなく、聞けばOKです。
このように、できないことがあれば、できる分野でできないことをカバーすればいいんです。
次男(発達障害)が通っていたリハビリセンターのOTさんにも「得意なことをどんどん伸ばしてあげてください」と言われました。
今までの子どもたちは「苦手を克服しよう!」と言わていましたが、発達障害の子に苦手を克服させようとしてもつらいし困難です。
得意を伸ばして苦手をカバーすることをもっと教えてもいいのかもしれません。

お子さんの得意を伸ばすのに無理はしないで

一方最近では、「発達障害をもつ子どもは、何かが極端に苦手な分、極端に得意なことがある」ということが言われすぎている傾向があるのも否定できません
「ギフテッド」という言葉があります。

ギフテッドとは、
「同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである」(Wikipedia「ギフテッド」より)


最近、発達障害をもつお子さんの親御さんの中で「この子はギフテッドかも?」と思う親御さんが増えています。
なかには期待するあまりお子さんに無理をさせるケースも少なくないようです。
無理を重ねると才能の開発どころか二次障害を引き起こす可能性もあるので、「ひょっとして?」と期待しつつ見守っておきましょう。

発達障害をカミングアウトした有名人と言えば、モデルの栗原類さん。
ご存知の方も多いかと思いますが、栗原類さんが自身の発達障害について書かれた本「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 [ 栗原 類 ]」が2016年10月6日に発売されます。
この本を読めば、類さんのお母さんがどのように子育てされたのかなどのヒントもわかるかもしれません。気になる方はぜひ読んでみてください(今日の時点でまだ発売前なので読んだ感想を書きます)。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top