Read Article

広告

発達障害の子が人間関係につまづきやすい理由

広告

 

発達障害の特徴の一つとして、コミュニケーションの障害があります。
そのため、友達作りが苦手でもあります。

小学2年~高学年は要注意

発達障害の子どもたちが、友達ができないと感じ始めるのは小学校高学年ぐらいから。
幼児~小学校低学年ぐらいの友達関係はまだ、定型発達の子どもたちも「友達づきあいを学ぶ時期」のため、お友達とのトラブルがよく起こるので、発達障害の子どもとの差はまだ少ないです。
しかし、小学2年の終わりごろ~小学3年の半ばごろより、定型発達の子どもたちの友達づきあいのスキルが少しずつ上達していくので、発達障害のある子と少しずつ距離ができてきます。

ちなみにこの学齢については定型発達の長男を育てた時の私の実感と、次男を担当している特別支援学級の先生の長年の経験から「大体これぐらい」という意味で書いています。
定型発達の子どもは小学3年の半ばごろより、友達とのトラブルが減り、徒党を組んで遊ぶようになりますが、気の合う仲間を選ぶようになるので、発達障害の子どもは仲間からはじかれる可能性もでてきます。
また、特別支援学級の先生によると、普通学級の子どもたちは特別支援学級の子に対して「この子は自分たちとは何かが違う」と感じ始める時期が小学2年後半ごろなのだそうです。
この時期の発達障害のお子さんを持つ親御さんは、お子さんのお友達関係を見守りつつトラブルが起きていないか気にかけ、家庭での過ごし方の中に「これでは友達ともめるだろうな」という振る舞いがあれば指導するなどの配慮が必要になると考えておいたほうがいいです。

発達障害の子が人間関係につまづきやすい理由

<自閉症スペクトラムの場合>
・空気が読めない: 周りの状況を判断して行動するのが苦手なので、話に割り込んでしまったり、その場の会話と全然違う話を一方的に話したりする。
共感する力が弱いことや、表情や声のトーンなどの非言語の表現が理解しにくいことから、人の気持ちを想像するのが難しく、結果、いわゆる「空気の読めない」人と思われてしまう。

・独特のこだわり:自分の趣味や得意分野の話ばかりを、相手が興味を持っているかどうか関係なく話す。
また、友達との興味の違いで話がかみ合わないことも。

<ADHD・LDの場合>
・多動性:じっとしていられず、友達との行動のペースが合わない。
「遊んでいる時急にいなくなる」など。

・衝動性の高さ:「今話したいこと」が頭に浮かぶと会話の流れを遮ってでも話そうとする。
また、すぐにキレてしまいけんかになりやすいことも。

・不注意:注意が逸れて話を聞いていない。
約束を忘れるなど。

子どものうちから人間関係スキルを育てる

お友達社会という大海原(少し大げさですが)に出たら、親は見守りながら必要に応じてアドバイスするぐらいしかできないかもしれません。
ですが、家庭での子供の振る舞いによって「この振る舞いはお友達相手だとダメかな」と思うようなところがあれば、親子で少し練習をするなど、改善のために親ができることはあります。
会話の選び方や声のトーン、基本的な受け答え、「こんな時にはこうする」などの社会のルールを教えるなどの、いわゆるソーシャルスキルトレーニングを親子でやってみるのもいいでしょう。
例えば家族が会話しているところを横で聞いてもらい「今何を話しているか分かる?」と質問し、会話の流れが分かっているかどうか確認。
分かっていなければ流れを説明するのも会話の練習になります。
また、話しかけるときに使える定番のフレーズを教えておくのもいいでしょう。

このようなトレーニングは療育の一環として放課後デイサービスなどで取り組んでいるところもあります。
具体的な方法については書籍などで紹介されていますので、参考になる本を一部紹介します。

「発達障害の子の「友達づくり」トレーニング」
「友だちと仲よくすごすためのスキルアップワーク 」
「真っ先に読むアスペルガー症候群の本」

育てたスキルは大人になっても生きてくる

人間関係スキルは一生ものです。
友達づきあいが上手にできる子になると、やがて年上の先輩と付き合えるようになります。
そして社会人になって上司との付き合いもできるようになってきます。

むしろ大人になってからは、発達障害の子のユニークな発想や個性を気に入って可愛がってくれる人に出会えることもあるでしょう。
そこに行きつくまでには、子ども時代に学べる基本的な人間関係スキルを上手に育てていくことが大事です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top