広告

発達障害の診断を受けて自分の中で起こった変化

発達障害の診断を受けて自分の中で起こった変化

  この記事は30代の男性に書いていただきました。 ………. 私は30歳になってから発達障害の診断を受けました。 発達障害の診断を受けて治療を始めても、その特性がすぐに消えてなくなるわけではありません。 小さい子供であれば療育を受けたり、周りの環境を整えたりして、発達障害特...

発達障害の息子のためにやっているのは「褒めること」

発達障害の息子のためにやっているのは「褒めること」

  この記事は30代の男性に書いていただきました。 ……….. ・診断の経緯 息子は出生時は標準体重で生まれてきたのですが、発育が遅く、3歳児検診の時に言葉の遅れなどを指摘されました。 それから病院に行って診てもらったところ、4歳で発達障害(自閉症)と診断されましたが、家に...

発達障害の症状が腸内環境を整えることで改善

発達障害の症状が腸内環境を整えることで改善

  この記事は40代の女性に書いていただきました。 ……… ☆「いつもお腹が痛かった」我が子☆ 私には、二歳半で自閉症(発達障害)と診断された子供がいます。 おかげさまで小学生になってからやっとまともにコミュニケーションを取れるようになったのですが、自分の思いを伝えられなか...

発達障害を抱える子供を必要以上に怒らないように注意

発達障害を抱える子供を必要以上に怒らないように注意

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………. 私にはADHDを持つ子供(小学校3年生の男児)がいます。 ADHDの子供はじっとしているのが苦手なため授業中に立ち歩くこともあると聞いていたのですが、私の子供にはそういう行動はありません。 授業中に立ち歩く事はし...

フランスで発達障害と診断された日仏ハーフの息子①

フランスで発達障害と診断された日仏ハーフの息子①

  この記事はフランス在住の40代の女性に書いていただきました。 ………. 日本語を教えるから言葉が出ない、と非難されて フランス人の夫との間に生まれた息子は、今、14歳で、発達障害と診断されています。 1歳になる前から、数字に異常な関心を示したり、ミニカーを一列に黙々と並...

発達障害の娘に行なった大学の支援スペースでの個別指導

発達障害の娘に行なった大学の支援スペースでの個別指導

  この記事は発達障害のお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ………… ◆支援スペースの利用にいたるまで 娘に「広汎性発達障害の疑い」と「学習障害リスク」という診断がついたのが、小学校1年生のときでしたが、娘が通う小学校には発達障害に関する通級指導教室がなく、こども医療福祉センターでの定期...

発達障害の息子の感覚過敏と感覚鈍麻。赤ちゃんの泣き声が嫌い

発達障害の息子の感覚過敏と感覚鈍麻。赤ちゃんの泣き声が嫌い

  発達障害を持つ息子には、様々な特性があります。 幼い頃は「変わった子だな」程度にしか思っていなかったのですが、発達障害の本を読んでいると我が子について書いてあるのではないかと思うほど多く当てはまり、笑ってしまうほどでした。 その中の一つである「感覚過敏」についての息子の事例をお話しします。 息子の感覚過敏...

療育センターで療育を開始してから現れた変化

療育センターで療育を開始してから現れた変化

  この記事は発達障害のお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ……….. ・独特な遊び方をする子でした。 私には自閉症の子ども(4歳)がいます。 子育て支援センターに行ってもお友達と遊ばない子で、自分の世界があり、気に入った遊びをずっと一人でしていました...

発達障害の診断を受け入れる難しさ。発達検査で怒鳴る

発達障害の診断を受け入れる難しさ。発達検査で怒鳴る

  この記事は発達障害のお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ……….. ・なかなか話さない子でした 私には四歳になる息子がいます。 一歳を過ぎても喃語らしい言葉はなく、同世代の子と比べると少し成長が遅いなと思っていました。 しかし、私の親戚の子は四歳ま...

発達障害の娘がトイレを嫌がる理由。小4の今でも続く

発達障害の娘がトイレを嫌がる理由。小4の今でも続く

  この記事は発達障害の娘さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ……….. 現在小4の娘は、2歳の時に自閉症スペクトラム(発達障害)と診断を受けました。 友達とのトラブルや癇癪など、様々な悩みがありましたが、その中でも一番苦労したのはトイレです。 発達障害の...

Return Top