広告

指しゃぶりが抜けない発達障害の息子。原因は不安感?

指しゃぶりが抜けない発達障害の息子。原因は不安感?

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………  「感覚過敏」をご存知でしょうか?文字通り感覚が人よりも過敏なことです。服の肌触りが苦手、食べ物の触感が嫌、赤ちゃんの泣き声が苦手などです。発達障害の人はこの感覚過敏を持ち合わせていることが多いのです。  私の息子は感覚過敏によ...

ADHDと小児鬱を抱えて悩む息子の為に校長にかけ合ったこと

ADHDと小児鬱を抱えて悩む息子の為に校長にかけ合ったこと

この記事はADHDのお子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 ………  赤ちゃんの頃から「頭を打ち付ける」などの行為があり色んな施設に相談に行っていました。ですが、時期が早すぎて判断できない・・・との事で幼稚園に上がるまでは様子を見る事になりました。 ■小児鬱から注意...

担任がADHDの息子のために行ってくれた教室内の環境整備

担任がADHDの息子のために行ってくれた教室内の環境整備

この記事はADHDの息子さんを育てている30代の女性に書いていただきました。 …………….  現在小学二年生の息子が発達障害(ADHD)と診断されたのは一年生の秋のことです。入学当初から小さなトラブルを抱えつつも、「まだ学校生活に慣れていないから…」と学校側も...

リトミックという療育は障害を持つ子供の得意分野を伸ばす

リトミックという療育は障害を持つ子供の得意分野を伸ばす

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……….  息子は重症な先天性心疾患を持って生まれ、起きていることもままならない時期があり、麻薬を使って心臓を休めるといった治療を必要とする状態でした。  幼児期の発達に必要な貴重な時間が欠落してしまった息子は現在、発達の遅れがあります。心臓病児が必ずしも発達が遅れるとい...

発達障害と指摘された子どもの保育園選びの大変さ。内定の取り消しも

発達障害と指摘された子どもの保育園選びの大変さ。内定の取り消しも

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ………  現在6歳の我が子が、発達障害かもしれないと指摘されてから3年。それは「専門家に見てもらってください」という言い方ではなく、「もしお母様が気になるなら、専門家に見てもらうのもひとつの策です。」というような、非常にあいまいな暗示で...

発達障害の娘を特別支援学級に入れるべきか考える日々

発達障害の娘を特別支援学級に入れるべきか考える日々

   自閉症スペクトラム障害(発達障害)の娘さんを育てている父親に書いていただきました。発達障害の子供を育てている家庭では特別支援学級に入れるか、普通学級に入れるのか悩んでいることでしょう。 ………  初めに家族構成ですが、私たち夫婦に子供が4人、子供は全員女の子です。この...

学習障害の息子は特別支援学級のサポートで成長が加速

学習障害の息子は特別支援学級のサポートで成長が加速

  この記事は30代の女性に書いていただきました。息子さんが学習障害ですが、特別支援学級のサポートで大きく成長しました。 ……..  息子はウィスク検査で学習障害(LD)があると診断され、半年に1回医療にかかっています。黒板の板書が難しい。枠に文字を書けない。読解力が乏しいという症状で...

幼稚園の面接や発達障害専門医の診察で傷付き、発達障害専用塾へ

幼稚園の面接や発達障害専門医の診察で傷付き、発達障害専用塾へ

  この記事は自閉症のお子さんを育てている女性に書いていただきました。 …… <3年保育就園活動>  息子は3月生まれの為、3年保育にするには2歳7ヶ月で決めないといけません。ちょうど近所に有名なインターナショナルスクールの幼稚園が引っ越してきた為、願書を出しました。  保護者面接前日...

発達障害に関して、健診で医師から言われた言葉に傷つく

発達障害に関して、健診で医師から言われた言葉に傷つく

  この記事は30代女性に書いていただきました。 ……….  私は3歳になる発達障害(自閉症)の子供を育てている30代の主婦です。今回の主題は乳幼児健診についてです。私は乳幼児健診ではいい思い出はありません。医師の言葉に深く傷ついたからです。自治体の検診ではなく、自費の検診...

発達障害の検査で子供の得意と苦手を知り、日常に生かす

発達障害の検査で子供の得意と苦手を知り、日常に生かす

この記事は30代の女性に書いていただきました。 …….  子供の発達を見るための検査にはさまざまな種類があります。成長に合わせて検査を変える場合もあります。私の息子が受けたいくつかの検査とその結果をどのように日常に生かすのかについて説明します。私の子供の場合、これらの検査で得意なことと苦手なこと...

Return Top