広告

発達障害の私が落ち込んだ時に行なっていること

発達障害の私が落ち込んだ時に行なっていること

この記事は前田穂花さんに書いていただきました。 ……… こんにちは、身体・軽度知的・精神(発達障害)の三障害を抱えながらも、完全自立生活を実行中のプロライター・前田穂花です。障害を抱えて単身生活を送る上では、頻繁に壁にぶつかり、どうしようもなく落ち込む場面も多いのが現実です。 今日は...

結婚後に発覚した夫の発達障害。マイナスばかりではない

結婚後に発覚した夫の発達障害。マイナスばかりではない

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……… 私と旦那が結婚したのは16年前。付き合っている時は、あまり気にもならなかった夫の性格が一緒に生活し、年月が経つにつれて、何か違うと感じるようになりました。 もともと結婚する前から私とは対照的で、友人と遊びに行くのも年に一度。そし...

発達障害者の「独特な感覚」は健常者には分からない

発達障害者の「独特な感覚」は健常者には分からない

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ………… 「健常者」といわれる皆さんにとって、私たち発達障害者が常時どのような「感覚の世界」で生活しているのか、具体的にはおわかりにならない部分、不思議に感じられる点が大きいだろうと思います。 そこで、本日は実際に発達障害を...

発達障害の感覚過敏の実際と克服するための工夫

発達障害の感覚過敏の実際と克服するための工夫

この記事は50代の女性に書いていただきました。 …….. 発達障害当事者が悩みがちな障害特性のひとつに「感覚過敏」というものがあります。昨今の“発達障害ブーム”によって「感覚過敏」なる障害特性があること自体は、広く世間に知られるようになったものの、現実には健常者の皆さんにとっては、それがどのよう...

発達障害者であっても自分らしく生きよう。人と同じである必要はない

発達障害者であっても自分らしく生きよう。人と同じである必要はない

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ………… 障害が重くても甘えは許されない 私は発達障害に身体障害と軽度知的障害とを併せ持ちながらも、完全自立生活を送っています。五十歳を迎えた今でも、本来子ども特有の障害特性だとされる「多動」が色濃く残っている状態です。その...

発達障害の私が首つり自殺を決行するまでの経緯

発達障害の私が首つり自殺を決行するまでの経緯

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ……….. 私(20代男)はADHDです。自分が周りとは違うと気づくまでに20年以上かかりました。 改めて見直すと問題児でした  私は発達障害当事者の男性です。21歳の時にADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されました。小さい頃から落ち...

発達障害に気付いたきっかけは拒食症だった

発達障害に気付いたきっかけは拒食症だった

この記事は20代の女性に書いていただきました。 ……..  発達障害といっても、多くの種類がありますが、私は発達障害の中でも注意欠陥・多動性障害(ADHD)です。この障害と戦ってもう15年になりますが、私のまわりには理解してくれる人がいなくてとてもつらい日々を過ごしていました。ですから、少しでも...

就労移行支援事業所が障害者を食い物にしている現状

就労移行支援事業所が障害者を食い物にしている現状

この記事は50代の女性に書いていただきました。全ての就労移行支援事業所がこの記事に書かれているような事業所ではないことを初めに断っておきます。 …………………. 就労移行支援事業所主催の食事会で感じた違和感  当時四十五歳だった私は、社...

二次障害の影響で対人トラブルに発展してしまう発達障害者の背景

二次障害の影響で対人トラブルに発展してしまう発達障害者の背景

この記事は50代の女性に書いていただきました。 ………….  現代の日本では自分の力ではどうしようもできない「生きること」に対しての困難を、矛先を向けやすい相手にぶつける光景が絶え間なく見受けられます。特にネット環境では。  不確かすぎる未来への不安は、私たちの心をさらに...

発達障害の夫と家庭内別居。その後、劇的に変化した理由とは

発達障害の夫と家庭内別居。その後、劇的に変化した理由とは

   私の夫、そして高校生と中学生の息子は発達障害です。長男は小さな頃は注意欠陥・多動性障害もありましたが、中学生の頃からそちらの方は目立たなくなりました。  病院で診断を受けていますが、夫だけが自己認知できていません。結婚前の夫は無口な人で、何も知らない私はただただ無口な人なのだろうと思い、何の疑いもありま...

Return Top