Read Article

広告

発達障害の私が親や友達の反対を乗り越えて大きな夢を描く

広告

 

この記事は20代の女性に書いていただきました。

…………

数年前、発達障害の一種であるADHDと診断されました。
今までの仕事のミス、日常生活の抜け、そして二次障害である鬱や不安障害と戦ってきましたが、診断されたことや症状と向き合ってきたことで自分の生き方をやっと見つけることができました。
そして夢を持つことができたのです。

こちらでは夢を描くまでの経緯、紆余曲折、今の状況までを伝えていきます。

障害を持つ方との関わり

昔から障害のある方に対してあまり差別はありませんでした。
小学校2年生まで家が隣だった知的障害を持つ男の子とは、その子が転校するまで仲良しでしたし、小学校3、4年生の時、同じクラスだった緘黙症がある男の子に対しては「笑うと笑顔が可愛い」と必死に笑わせようとしていました。
ですので勤務している乗馬クラブの障害者乗馬会に職員として参加した時も「利用してくれた方が喜んでくれて嬉しい」と純粋にそう思えたのです。

しかし、普段は明るい障害のある子供を持つ保護者の方も、その子供が誰かを叩いてしまったり、どこかへ走り出してしまったりすると、今にも泣き出しそうな顔で謝ったり、「迷惑がかかるので会を利用するのは控えます」とその場を去られてしまうのです。
どんなにこちらが「迷惑じゃないですよ」と言っても、です。
そのことに対していつも私は「この人たちが心から笑える場所を提供しなければな」と決意を胸にしていました。

障害者乗馬会を企画実行したのは私の上司である係長です。
会が発足して15年、以前は1ヶ月に1回だった乗馬会も今や月に5回に増え、利用者数も多くなってきました。
今年度から障害者雇用も実施し、昨年度特別支援学校を卒業した女の子が乗馬クラブで働いています。
その子も元々障害者乗馬会の利用者で、知的障害と広汎性発達障害を持っています。
係長自身も社会福祉士の資格を取り、さらなる障害者雇用や、学校や作業所を終えて家に帰るまでの間のデイケアサービスなどの事業展開のために行動しています。

ただ、係長以外の職員は障害者乗馬に賛同的でなく、否定はしていないもののもっと乗馬会を発展させていこうという意志や、新しい事業の発案をするなどもなく、指示のまま日々の業務をこなすだけ、といった具合でした。
どうしてそんな勤務態度でいられるかというと、勤務する乗馬クラブは市営のため売り上げに必死になることもなければ、実績で評価が変わるわけでもない。
さらに企画も局長(園長)や理事長(市長)のOKがでなければ実行することができないため(大体は新しい事業は却下されています)、「頑張っても変わらないからこのままでいいや」という環境にあったからだと思います。
かくいう私は意識は高かったものの、具体的には動いてはいませんでしたし、何より日々の業務ですら未だにミスがある中で「もっと障害者乗馬会を盛り上げていきませんか?」と他の職員に働きかけられる立場ではないと思っていたからです。
そんな中で10年間も気持ちがくすぶるだけの毎日を送っていました。

次のページへ ↓↓

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top